〼(ます)健の備忘録

置き去りにしてしまいそうな好奇心を残せたら良いな。

読書ログ『スポーツ業界の歩き方』その① スポーツの価値

 これまでも少しスポーツに関する考察記事を書いてきたが、これからは本を読んで、その感想を述べるっていうこともやっていきたいな、と。

 

 まず1冊目。河島徳基『スポーツ業界の歩き方』。

 

 元駒大駅伝部の神屋さんがTwitterで紹介していて、それで気になって購入。それで今日夜から読んでみたのだが、第1章「スポーツの価値をどうお金に変えるのか?」という章だけ読んで、色々思い出すことがあったので、鉄は熱いうちに、ということですぐ記事にすることにした。

 

 この章で河島さんは「スポーツの価値」を様々な点(教育的価値、遊びとしての価値など)から評価して、この「価値」をお金にする、というのがスポーツビジネスであることを説いていた。

 

 ただ、卒業論文で地域スポーツを取り上げ、その論文批評会に際して「同じような価値のあるものの中から、スポーツを特別視していることはないか」という旨のレビューを教授から受けた自分からしたら、はじめは、さも当然のもののように「スポーツの価値」を列挙することに、むず痒さを覚えたのである。人脈や遊びのためのツールであれば、スポーツでなくても、将棋でも、碁でも、ゲームでもいいはずなのだし、教育としても、エンターテイメントとしても、スポーツ以外にもほかの候補はあるはず。こうした「価値」を検証、ないし参照することは必要だと思っている。

 

 とはいえ、こうした検証の有無を考えなければ、スポーツの持っている「価値」の幅が非常に広いこと、そしてそれがビジネスとしても、それ以外の面でも、大きな力を持っていることは確かなことなのではないかと。「ランニング」というスポーツひとつとっても、健康に良いのはもちろんのこと、市民ランナーネットワークや、ファン・ネットワークでの仲間集めもでき、さらに「大学駅伝」「男子100m」などのモンスター・コンテンツを抱えている。といった具合。こうした競技の力、コンテンツが持つ力などを、どのように統合して、どのように生かすべきなのか。これについては、本の続きで言及があるのかもしれないので、読破したらまた記事にしたいと思う。

地図を持って走るということ

 

 駅伝関連の記事はしばらくお休み。今回のブログのテーマは、好きなものの紹介。そして、「駅伝ファン兼市民ランナー」へ、「地図を持って」走る、ちょっと変わったランニングのご紹介。

 

オリエンテーリング

 筆者は学生時代、このスポーツに情熱を注いできた。

 端的にいうと「地形図を頼りに野山や公園の地形に置かれたチェックポイントを順番に辿る」スポーツ。近年話題になることも多いトレイルランなどの山岳ランと違い、通るべき経路が指定されていないので、地図に対する理解や、「どのような経路で進むか」という戦略を考えることも求められる、奥の深いスポーツだ。

f:id:masdan1031:20181110170610p:plain

※競技で使用される野山の地形図。これとコンパス(方位磁針)を頼りに、△のスタートからポイントを順番に辿り◎のゴールを目指す。

 

 とはいえ、である。この「オリエンテーリング」というスポーツ、スポーツとしての認知度が高くない上に、「一人で」「地図だけを持って」「走路誘導のないフィールドに入る」という性質上、敷居が高く感じてしまう、かもしれない。(にも関わらず、現状大学のサークル以外で導入指導をきっちり行う場所がほとんど用意されていない、というスポーツ側の問題点もあったりするのだけど、それはまた別の話。)

 一方で、公園や大学キャンパスなどで行われる大会もある。そういった場所であれば参加の敷居は低い、と思っている。

 

フォトロゲイニング

 こちらもオリエンテーリングと同じく、地図を持って走るスポーツ。

 ルールとしては、「制限時間内に、地図上のチェックポイント(配点付き)を自由に周って写真を撮り、その得点を競う、というもの。等高線を読むことを要求されることもあるが、基本的には普通の地図が読めればそれなりに楽しめるのでオリエンテーリングよりは敷居が低いと思われる。それに、フィールドの様々な名所を辿り写真を撮るという競技性質上、様々な土地の魅力的な場所に触れられる。これも大きな魅力の一つと言える。

f:id:masdan1031:20181110170631p:plain

※競技で使用される街の地図(以前出場した大会のウィナーズルートを拝借)。◯印の横の数字がポイント数。そのチェックポイントで写真を取ることで通過証明とする。

 

——

 

 そんなわけで、自己満足感は否めないが「好きなもの」の紹介記事を書いてみた。「走ること」に「地図を読むこと」をアクセントとして加えたスポーツに、一人でも多くの読者が興味を持っていただけたら幸いなことだと思う。

 

【各種スポーツ協会へのリンク】

オリエンテーリング

http://www.orienteering.or.jp

フォトロゲイニング

http://photorogaining.com

全日本大学駅伝の感想

 全日本大学駅伝が終わった。手に汗握るレースの総括を、簡単に。

 

【チーム毎の簡単なまとめ】

 

1位青山 小野田橋詰−鈴木−林−吉田祐−吉田圭−森田−梶谷

 いや強かった。林が10秒しか詰められなかったときはどうなるかと思ったが、W吉田の完璧なお膳立てからの7区圧倒劇で見事に優勝。あっぱれ。

 

2位東海 西川−關−館沢−西田−鬼塚−郡司−湊谷−湯澤

 黄金世代が実力を遺憾なく発揮しての序盤の独走劇は見応えがあったものの、やはり長距離区間に耐えうるエースがいないのがネックになった。

 

3位東洋 田上−西山−今西−浅井−小笹−鈴木−山本−相澤

 田上はともかく、エースの一角西山の乱調が止まらず序盤で出遅れ。ただ、小笹以降の追い上げはさすが優勝候補と言えるものだった。

 

4位駒澤 加藤片西−伊勢−大成−伊東−大聖−堀合−山下

 2区まではまずまずの位置だったものの、3区伊勢と7区堀合があまりよくなく、そこで優勝争いからは無念の脱落。箱根にもう一度合わせられるか。

 

5位帝京 竹下−横井−岩佐−遠藤−小森−谷村−畔上−平田

 1区竹下の区間2位、4区遠藤の区間3位。表彰台圏内でずっと戦えていたのはびっくりした。終盤2人の調整がうまくいけば箱根こそ3強崩しができそう。

 

6区國學 臼井−浦野−青木−藤木−江島−茂原−土方−長谷

 臼井の出遅れを浦野が取り返してからはそつなく繋いで、かつ7区エース土方もシードラインを1分離した。エースの使い所が本当に絶妙だった。

 

7位法政 青木−鎌田−佐藤−岡原−狩野−坂東−土井−大畑

 4区岡原区間5位からじわりじわりと浮上して危なげなくシード獲得。エース坂東もひとまずは不調を脱したのかな?

 

8位城西 西嶋−荻久保−大里−服部−中原−はげ下−鈴木−金子

 荻久保がテレビ局をも驚かせる区間賞で浮上、そのあとは耐える区間になってしまったが鈴木、金子と長距離区間2人で取り返してシードを獲得した。

——

 

9位明治 鈴木阿部—三輪−小袖−村上−斉藤−角出−佐々木

 こちらも城西と同じく2区浮上から勝負の大学だったが、終盤の7区8区での力不足が響いた格好になった。中盤区間はよかっただけに…

 

10位神奈川 山藤−安田−多和田−北崎−荻野−森−井手−越川

 中盤の多和田、北崎がずるずる遅れたときは終わったと感じたが、以降は区間1桁が続いて浮上。結果論だが山藤を1区以外で使えればよかったのかも?

 

11位日大 横山−武田−野田−武田−松木−北野−ワンブイ−阿部

 ワンブイの爆走はともかくとして、1区横山が区間6位の快走、2区武田と8区阿部も踏ん張った。意外と収穫が多かったのでは。

 

12位日体 池田−中川−宮崎−林田−志賀−岩室−廻谷−山口和

 エースの中川、山口和が不調、エース区間で戦えず厳しい結果となったか。その中でエースの集う7区で区間賞をとった廻谷の台頭は非常に明るい話題。

 

13位順天 野口−藤曲−橋本塩尻澤藤−小島−山田−難波

 塩尻はさすが。難波、野田、橋本の3年トリオが全くもって本調子でなかったのが原因だろうか。箱根にはしっかり合わせてほしいところ。

 

14位中学 高橋−廣−栗原−吉田−藤井−石綿釜谷有馬

 いくら実力者が揃っていてもレースに出られなければしょうがないということを体現した格好になった。まずは不出場者の復活を期待したい。

 

15位早稲田 千明−宍倉−中谷−太田直−半澤−小澤−遠藤−清水

 3区2位の中谷は見事、その中谷に1区千明と8区清水以外ははっきり言って実力不足だったと思う。中学と同様、こちらも故障者のケアからになるか。

 

 

【レース総括】

 今回はエースが1区2区3区4区と色々な区間に入ったことから序盤は非常に順位の上げ下げが多かった印象を受けた。「序盤で遅れた場合3区、4区で巻き返しが可能か」というポイントについては、特にシード権争いであれば巻き返し可能であることがうかがえた。ただ、後半4区間から大まくりした東洋は3位に終わり、ジワリと浮上してきた神奈川、日体大がシード権を取れなかったことを考えると、やはり序盤4区間でいい位置につくことは絶対条件になりそう。

 

 一方で7区、8区のどっちかにはエース級を入れないとダメそうだな、という印象も受けた。ロード型主力2枚の東海は青学のエース森田にねじ伏せられる格好になり、同じような7区、8区の組み方をした明治も8区エースの城西金子にまくられた。逆に國學院は7区土方でシードラインを離し、これが8区に効いた。つまり、ロード型エース、ロードにも対応できるエースも全日本で上位に行く上では必須ということで、「全日本は様々な距離適性がある選手が必要」という本質は変わってないな、という感じ。

 

 総じて非常に見応えのある駅伝だと感じた。(それだけに、先頭以外ももっと映して欲しかったが…)次回以降、攻略法を練った上で各大がどう区間配置を変えるか、来年以降も楽しみだ。

全日本大学駅伝展望

 明日に迫った全日本大学駅伝、順位など予想。

 

【優勝争い】

1位青山 橋詰−神林−鈴木−林−吉田祐−吉田圭−小野田森田

2位駒澤 片西加藤−伊勢−大成−伊東−大聖−堀合−山下

3位東海 塩澤−關−館沢−西田−西川−郡司−湊谷−湯澤

4位東洋 田上−西山−今西−小笹−渡邊−鈴木−山本−相澤

 

 とりあえず優勝争いに絡む大学についてクリティカルな情報は「東洋主力1枚故障」「2分半ならチャンスはある」という記事。山本の7区起用を示唆しているように見え、つまり1区田上の区間変更はないということを示している、と、考えた。そこで青学がハイペースに持ち込み、東洋が大きなビハインドを受けるとしたら…、と考えた上での予想。青学の優勝はここで鉄板だと思ったが、その下の順位は変化球気味にしてみた。

 駒澤はハイペースケアの1区片西からうまく流れに乗れるだろうと考えての2位予想。東海は序盤で突っ走るも駒澤に比べると終盤区間が心もとないと考えての3位予想。

 

【シード争い】

5位帝京 竹下−横井−岩佐−遠藤−小森−谷村−畔上−平田

6位中学 高橋−廣−栗原−吉田−石綿有馬市山−川村

7位順天 野口−藤曲−清水−塩尻澤藤山田橋本−難波

8位國學 臼井−浦野−青木−藤木−江島−茂原−土方−長谷

9位城西 西嶋−荻久保−大里−服部−中原−はげ下−鈴木−金子

 

 この辺りは主力が順調に見え、いいオーダーが組めているチームがシード権争いするのではないかと予想。そういった意味では順天・國學院は下馬評より高めに評価した。

 この中では帝京と中学が抜けて4位争いかな?帝京は横井、岩佐、畔上と複数浮上ポイントがあってつなぎ区間が強いのでこの中では最上位。中学は終始シード権内で戦うのではないか。順天は塩尻で強引に流れを引き戻して粘るスタイル。それこそ昨年度の出雲駅伝のように戦うのではないだろうか。國學院は全日本が得意目で、かつ5区では上位の実力がある江島の存在が大きい。城西は荻久保以降耐える区間が多くなってしまいそうなのがネック。

 

——

10位早稲 千明−宍倉−中谷−太田直−半澤−小澤吉田−清水

11位明治 鈴木阿部—三輪−小袖−中島−斉藤−角出−佐々木

12位神奈 山藤−安田−多和田−北崎−荻野−森−井手−越川

12位法政 青木−増田−佐藤−岡原−狩野−坂東−土井−大畑

13位日本 横山−竹元−野田−武田−松木−北野−ワンブイ−阿部

14位日体 池田−中川−宮崎−林田−志賀−岩室−廻谷−山口和

 

 このゾーンは経験不足、主力の状態不透明など少なからず不安要素があるために下位予想にしたチーム。早稲田、明治は経験不足、調子落ちは多少あってもタレントが揃っているのでうまく行けばシード権争いに近いところまで行くのではないだろうか。神奈川、日大は経験不足がネックになり、法政は三本柱の状態がまだ分からず、坂東の調子が落ちているのも明らか。日体はまた壁に跳ね返されるのではないか。

※「箱根駅伝への道」情報より、早稲田、法政の区間エントリー情報があったので、当校区間変更予想を一部変更しました。 

 

区間賞】

1区:橋詰(青学) 対抗:片西(駒澤)

2区:阿部(明治) 対抗:西山(東洋)

3区:館沢(東海) 対抗:中谷(早稲)

4区:塩尻(順天) 対抗:林(青学)

5区:吉田(青学) 対抗:西川(東海)

6区:中村(駒澤) 対抗:吉田(青学)

7区:ワンブイ(日大) 対抗:山本(東洋)

8区:森田(青学) 対抗:相澤(東洋)

 

 こうしてみると青山はつなぎ区間も層が厚いな、という印象で、どの区間でも区間賞が狙えるだろう。とはいえ、いろいろな区間にエース、主力が分散した影響で、区間賞を8大学で分け合うことも十分にありえるだろう。

 

 区間変更でガラッと変わった全日本大学駅伝、青学の優勝&三冠王手が濃厚だが、止めるチームはあるのか。そして拡大したシード権の行方はどうなるか。楽しみは尽きない。

区間エントリー発表と注目ポイント

 全日本大学駅伝区間エントリーが発表された。

 予想は大外しだが、嘆いてもしょうがないので分析をしてみた。

 

【参考:全日本大学駅伝区間別戦力分布】

  1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区 8区 有力選手控
神奈川 山藤 安田 多和田 北崎 荻野 井手 越川        
東海 塩澤 館沢 西田 鬼塚 郡司 湊谷 湯澤 中島 西川 松尾  
青山学院 湯原 神林 鈴木 吉田祐 吉田圭 岩見 梶谷 小野田 橋詰 森田 竹石
駒澤 小原 小島 伊勢 大成 伊東 神戸 堀合 山下 片西 大聖 加藤
東洋 田上 西山 今西 浅井 渡邉 鈴木 吉川 相澤 小笹 山本    
中央学院 高橋 栗原 吉田 藤井 青柳 釜谷 川村 市山 有馬 石綿 樋口
早稲田 千明 宍倉 中谷 太田直 半澤 車田 遠藤 清水 太田智 小澤 新迫 吉田
法政 青木 鎌田 佐藤 岡原 狩野 坂東 土井 大畑 増田 坪井    
國學院 稲毛 浦野 青木 河東 江島 茂原 土方 長谷 蜂屋 臼井 藤木 小中
城西 西嶋 荻久保 大里 服部 中原 はげ下 鈴木 金子 中島      
明治 中嶋 前田 三輪 小袖 村上 斉藤 角出 佐々木 阿部 中島 鈴木  
帝京 竹下 横井 岩佐 遠藤 小森 谷村 畔上 平田 島貫 小野寺  
日本体育 池田 中川 宮崎 林田 志賀 岩室 廻谷 山口和 室伏      
順天堂 野口 藤曲 清水 塩尻 多久和 小島 鈴木 難波 山田 野田 橋本 澤藤
日本 横山 竹元 野田 鈴木 松木 北野 ワンブイ 阿部 金子 武田    
                         
  エース。校内上位かつ他大学のエースと勝負できる選手を独断で選出。            
  主力(駅伝経験済)。三大駅伝に出場したことを基準に選出。              
  主力(本年駅伝未経験)。上記以外で各種予選会やインカレに出場した上位選手や、持ちタイム上位の選手。        
  エース、主力であるが、復帰間もない選手や直近の勝負レースで状態が心配された選手。          
  上記以外の選手。新戦力。                    

 

 以下、注目ポイントをまとめてみる。

 

◯エース区間とつなぎ区間

 まず、1区2区7区8区の4区間にエース、準エース級の起用が多く、4区5区6区はつなぎ区間と捉えられているとみる。そして、青山学院、駒澤、東洋、明治の4校は「序盤の面子を見た上でエースの配置を決める」構えであることも伺える。どういうエースの配置にするか、まずはそこに注目。

 

◯中盤の巻き返しは可能か

 区間配置として異質な感じがするのが早稲田、順天堂で、この2チームだけは「序盤粘って中盤での巻き返し」を図っていることがエースの配置から見える。もしも出遅れてしまった場合に、この2校がどれだけ巻き返せるかどうかにも注目。

 

◯終盤区間のエース有無の差は

 7区8区に学内上位のエースを配置している大学(上図で「赤」または「青」の選手がいる大学)と、長い距離に強い主力2人を配置している大学(「赤」「青」がいない大学)でどれくらい差がつくのか、というところにも注目したい。

 

 この3点がどうなるかで、次回以降の区間配置もガラッと変わるかもしれないので注目したいところ。

 

 順位、区間賞などの予想は、また後ほど。

全日本大学駅伝区間予想@日本大学

 最後はこの大学!

 

◯エントリーメンバー

1年:天野・大池・北野・鈴木

2年:竹本・武田・野田・横山

3年:阿部・金子・松木

4年:岡田・ワンブイ

 こちらも4年生・主将の加藤と「木津枠」と目していた佐藤が抜けた。下級生の柱候補は全員エントリーしているので、こちらも順大同様フレッシュなメンバーという印象。

 

区間配置予想

武田−ワンブイ−野田−北野−横山−松木−金子−阿部

 

 さて、このチームはワンブイをどこに配置するかで頭を悩ませた。今回2区に予想した理由としては、やはり若い戦力である武田・野田・北野・横山をいい位置で戦わせようとする、と予想してのこと。そのためには、流れを強引に持ってこれるワンブイが不可欠なのではないだろうか。その「若い戦力」の中で最も安定していると見られる武田が一番1区向きだろうと考え1区と予想。そのあとは大学での実績順(個人の印象だが)で予想。5区横山はこれまで大舞台での抜擢がなかったものの直近の記録会がよかったので、ここでの快走に期待が持てる。

 6区からは日本人の上級生に頑張ってもらうと予想。6区松木は10km前後の距離であればかなり戦えるので、という理由でこの区間、あとは阿部、金子の2人にする、しかないかというのが正直なところ。7区竹元はあるかもしれないが…

 

 全日本予選は最下位通過であることから、「失うものはない」の精神で、若い力と留学生で襲いかかる駅伝に期待がかかる。新戦力の躍動はいかに。

全日本大学駅伝区間予想@順天堂大学

 あと2校。まずは予選会で新戦力と強さを見せた伝統の茄子紺。

 

◯エントリーメンバー

1年:小島・牧瀬

2年:清水・澤藤・多久和・野口

3年:鈴木・難波・野田・橋本・藤曲

4年:塩尻・山田

 4年生の吉岡、金原、江口あたりが抜けてしまった。が、下級生の成長株はほぼ全員エントリーした。フレッシュなチームで挑む全日本になりそうだ。

 

区間配置予想

野口−橋本−藤曲−野田−鈴木−山田−難波−塩尻

 

 そんな順天堂について、気になる記事を発見した。長門監督が塩尻の終盤区間起用を示唆したのである。とはいえ、確かに塩尻が終盤区間でも面白い、そんなメンバーになっている。で、長距離区間は8区にその塩尻、その前の7区には前回も長距離区間を担当している難波。この2区間のプレッシャーは半端じゃないだろう。

 で、塩尻が抜けた序盤をどうするか。1区は「挑戦的起用」の野口。順大記録会での撃沈が心配ではあるが、合わせて来られれば非常に面白いだろう。2区3区は主力の橋本・藤曲で戦うと予想。実績がある2人が控えているとすれば野口もリラックスして走れるのではないか。4区にも実績がある野田。ここも野口と同じく復調を信じての起用。5区には新戦力の鈴木。この選手にも駅伝を経験させるのではないだろうか。その場合6区で山男、山田をおいてケアをする、まで予想。

 

 毎年1区で苦戦気味の順大、今回は1区の距離が短くなったとはいえ、やはり鬼門に違いない。そこを新戦力で乗り切れるか。それによってはシード獲得も下位低迷もありうる。序盤がどうなるか。